日焼けと食べ物には関係があった⁉

朝は、「ソラレン」を含む食品に要注意


紫外線が強くなるこれからの時季。
日ごろから日焼け止めや帽子などで、対策に余念がない方も多いはず。
しかし、普段何げなく食べている野菜や果物の中には、紫外線の吸収を高め、日焼けしやす
くなる食材があるのをご存知ですか⁉ 

野菜や果物の種類によっては「ソラレン」という紫外線を体内に吸収してしまう光毒性の成分
を持つものがあり、その成分を持つ野菜や果物は摂取後7〜8時間かけて紫外線吸収を活性
化させ、どんどん体内に吸収していきます。

朝食にキウイやグレープフルーツなどを食べたり、スムージーの材料にパセリやセロリを
入れたりすると、それらは光毒性を持っているのでシミの原因をつくってしまうなんて
ことも…。

ただし、これら柑橘類やキウイやパセリなどビタミンCの多い食べ物は、夜に食べると
紫外線で傷ついた細胞の修復に使われ、カルシウムやコラーゲンの生成に必要な栄養素
となります。

大切なのは食べるタイミングです。
紫外線を吸収しやすい食べ物は夕方の空腹時に食べるようにすると身体に良い効果をもたら
してくれるでしょう。

逆に朝に食べると良いのは、ポリフェノールやアントシアニンが豊富な食べ物。
抗酸化力の高い「赤い食べ物」は、紫外線ダメージから肌を守ってくれる役割をします。

【朝食べると紫外線を吸収してしまう食べ物】
グレープフルーツ・レモン・オレンジなどの柑橘類・キウイ・アセロラ・大葉・パクチー・キュウリ・
セロリ・パセリなど。

光毒性物質であるソラレンを多く含む食べ物以外にも、日焼けによくないものがあります。
例えば、防腐剤や人工甘味料、合成着色料など、添加物が多く含まれた加工食品は、肌が
日光に過敏に反応しシミができやすくなるといわれています。
安定剤やピル、鎮痛剤、抗生物質などの薬も種類によっては日光に過剰反応してしまう可能
性があります。
また、アルコールを摂取したときや、体内にまだアルコールが残っている状態の時も日焼け
しやすくなるといわれています。屋外でアルコールを飲むときは、注意が必要です。

【朝食べると紫外線対策になる食べ物】
イチゴやブルーベリーなどのベリー類・トマト・バナナ・スイカ・ブドウ・サツマイモ・ビーツ・
抹茶・小豆・カカオ・アーモンドなど。

特にスイカ・サツマイモ・カカオは、かなり優秀な紫外線カット食品で、「天然の日焼け止め」
として注目されています。

紫外線によるダメージを防ぎ、美肌をキープするためには、食べ物に気をつけることも大切
です。光毒性物質であるソラレンを含む食べ物は、摂取する時間帯に注意するなどして上手
に食べて、美白美人を目指しましょう。